令和6年度事業計画

令和6年度 一般社団法人佐賀県視覚障害者団体連合会 

             事業計画  

(自 令和6年4月1日~至 令和7年3月31日)

Ⅰ 事業計画の基本方針

平成28年4月に施行された障害者差別解消法を受けて本県では、誰もがともに暮らしやすい地域社会の実現を目指して、平成30年9月に「佐賀県障害者差別解消条例」を制定した。その後、令和4年5月の法改正に伴い、令和5年10月には条例を改正している。これにより、国の行政機関や地方公共団体のみならず、民間事業者にも合理的配慮の提供が義務化された。本年4月1日の改正法施行に伴い、本県では「事業者向け合理的配慮の提供ハンドブック」を作成し、民間事業者に配布されることになっている。

この法律の理念の下、障害による差別のない社会が実現されることは、我々の目指すところである。しかしながら、現実には解決しなければならない問題が山積している。そのような問題を解決していくために、我々は障害者の生活と権利を守ることを基本理念に掲げ、様々な事業を推進しながら運動を展開していかねければならない。

そのため、今年度は以下の事業を実施していく。

Ⅱ 事業計画の概要

1.福祉大会開催事業

県内の視覚障害者や支援者らが一堂に会し、我々を取り巻く環境を広

く知ってもらうとともに、視覚障害者の自立と社会参加の拡大を図り、

差別の無い共生社会の実現と福祉の向上を目指すことを目的に、佐賀県

視覚障害者福祉大会を開催する。

大会では、参加者が直面している諸問題などについて情報交換を行い、

相互の交流を促進することを目指す。

なお、福祉大会の模様は可能な範囲で録画し、後日YouTubeで配信す

る。

第72回佐賀県視覚障害者福祉大会

日程:令和6年9月8日(日)

場所:メートプラザ佐賀

参加予定人数:150名

2.奉仕活動(マッサージ)事業

県内の高齢者福祉施設等へ各地域の視覚障害者福祉協会が中心とな

って奉仕活動(マッサージ)を実施することにより、地域との交流を深

め、社会参加を推進するとともに、「あはき技術」の向上を図る。

本会はこの事業を財政面から支援する。

補助対象:県内の高齢者福祉施設等で奉仕活動を行った各市・町の

視覚障害者福祉協会

補助対象奉仕活動期間:令和6年度中に実施した奉仕活動

3.福祉機器展開催事業

視覚障害者の日常生活や学習、就労を支援する様々な福祉機器等に実

際に触れたり、使い方などの説明を受ける場を提供することにより、視

覚障害者の生活の質の向上を図ることを目的に福祉機器展を開催する。

第28回佐賀県視覚障害者福祉機器展

日程:令和6年12月8日(日)

場所:佐賀県視覚障害者情報・交流センター あい さが、

佐賀ライトハウス六星館

参加人数:100名

4.視覚障害者生活行動訓練等事業(県の委託事業)

日常生活上必要な技術や機器の操作方法に加え、生活に潤いを与える

趣味等を習得するための行動訓練および研修会などを県内の視覚障害

者を対象に実施する。

(1)社会保障や福祉、家庭生活、料理や手芸、お花などの講座や講習を

年に8回、女性部が中心となって開催する。

(2)PCやスマートフォンその他ICT機器などの講習を年に4回、軽

スポーツ教室を年1回、青年部が中心となって開催する。

(3)公共機関や駅などに通じる道路を中心に誘導ブロックの敷設状況、

音響式信号機、障害物や危険箇所の有無などを調査する道路環境調査

を実施し、不具合箇所については行政等へ改善を要求する。また、中

途視覚障害者の歩行訓練時や佐賀県視覚障害者福祉大会などの機会

をとらえて、県内の視覚障害者や支援者と情報を共有する。

日程:令和6年12月15日(日)

場所:未定

5.中途視覚障害者緊急生活行動訓練等事業(県の委託事業)

中途で視覚障害となった方や障害が進行した方などが、日常生活に必

要な技術を身につけ、社会参加を推進できるように訓練や講習会などの

事業を実施する。

(1)中途視覚障害者および障害が進行した県内の視覚障害者の希望者 

に対し、歩行訓練や日常生活訓練等を年間280回以上実施する。

(2)視覚障害者にとっての読み書きの主な手段である点字を習得するた

め、点字講習会を年間7回以上開催する。

6.盲ろう者向け通訳・介助員養成事業(県の委託事業)

盲ろう者とのコミュニケーションに必要な通訳・介助員の育成を図る

ため、国立リハビリテーション学院修了者らによる概ね3つの科目の研

修を年8回、全40時間で実施する。

①身体障害者福祉の概要

②盲ろう者へのかかわり方

③手話・触手話・点字についての方法及び実技

7.盲ろう者向け通訳・介助員派遣事業(県の委託事業)

「盲」と「ろう」の重複障害者のコミュニケーションを支援して社会参

加を推進するため、県内盲ろう者を対象に年間110回以上通訳・介助

員の派遣手続きの支援を実施する。

8.あはき研修会実施事業

県内の視覚障害者のあはき業(あん摩マッサージ指圧、鍼、灸業)関

係者を対象に、知識・技術の向上を目的とした研修会を行っていく。

日程:令和6年8月4日(日)

場所:佐賀県立視覚障害者情報・交流センター あい さが

9.広報物など音声版製作事業

点字の読めない視覚障害者も多いことから、行政からの文書や各種広

報物等の音声版を製作し、県内視覚障害者に提供する。

なお、これまで各選挙公報や佐賀県からのお知らせ、佐賀市の「市報

さが」、「さが市議会だより」、鳥栖市の「市報とす」、神埼市の「市報か

んざき」など様々な文書や広報物の音声版を製作、提供している。

10.日用品販売事業

県内の視覚障害者の生活に必要な点字用紙などの日用品の購入およ

び手続きの支援を行う。

11.県内各地域での交流会等事業

県内各地域、特に活動母体の無い地域や実質的に活動ができていない

地域に居住する当事者などの意見や思いを聞く場を設け、実態を把握す

るとともに支援をしていくことで、会員増加と、活動の活性化を図って

いく。

また、関係機関と協力しながら講演会や研修などを実施することによ

り、連携強化と支援者と当事者相互の真の理解促進を図っていく。

12.第61回九州視覚障害者グランドソフトボール大会

   (第23回全国障害者スポーツ大会「SAGA2024」リハーサル大会

兼第23回全国障害者スポーツ大会「SAGA2024」九州ブロック予選会)

日程:令和6年6月8日(土)・9日(日)

場所:白石町総合運動場(白石中央公園多目的広場)

13.第36回九州盲青年研修大会

日程:令和6年7月14日(日)

場所:佐賀県鳥栖市内

14.各種会議

①通常総会2回、臨時総会随時

②通常理事会2回、臨時理事会随時

③監査 年1回