令和5年度 事業報告

令和5年度 一般社団法人佐賀県視覚障害者団体連合会 

事業報告

 (自 令和5年4月1日 至 令和6年3月31日)

Ⅰ 令和5年度事業報告 総括

令和4年5月に障害者差別解消法が改正され、それに伴い、本県では誰もがともに暮らしやすい地域社会の実現を目指して、令和5年10月に「佐賀県障害者差別解消条例」を改正しています。

これにより、国の行政機関や地方公共団体のみならず、民間事業者にも合理的配慮の提供が義務化され、本年4月1日の改正法施行に向けて、事業者向けの「合理的配慮の提供入門ハンドブック」を作成し、配布しているところです。

本会も当事者団体として障害者の理解を深めるための様々な事業に参加し、ある程度の成果を得ることができました。

また、「移動のバリアフリー」「就労上不可欠な視覚障害者への代筆・代読支援の充実」「視覚障害者を取り巻く就労問題」および「同行援護サービスの更なる充実」などの内容を含めた要望書を作成し、関係機関に提出いたしました。

それにより、新たに音響式信号機、高度化PICS、誘導ブロックの設置が具体的に決定しているとの報告を受けています。

この一年、特に一人一人の声に耳を傾け、できることから取り組んでいくと共に、会員の皆様への情報提供にも力を注いで参りました。

しかし、約3年間にわたるコロナ禍の影響などもあり、福祉サービスの提供が十分に受けられなかったり、解雇や開業者の経営の悪化など、我々を取り巻く環境は非常に厳しい状況となっているのが現状です。

そのような問題を解決していくために、我々は障害者の生活と権利を守ることを基本理念に、社会の一員として一人でも多くの会員が積極的に社会活動に参加すると共に、福祉の増進を目的とした各種の事業をさらに充実させていく必要があると考えています。

本会は設立からすでに70年以上を経ている団体です。我々は先人たちの苦労に敬意を表すると共に、時代の変化に取り残されることの無いよう、その責任を果たし、時代に受け継ぐ努力続けて行かなければならないと強く感じています。

Ⅱ 事業報告の概要

1.福祉大会開催事業

県内の視覚障害者や支援者等が一堂に会し、私たちを取り巻く環境を広く知ってもらうとともに、視覚障害者の自立と社会参加の拡大を図り、差別の無い共生社会の実現と福祉の向上を目指すことを目的に、佐賀県視覚障害者福祉大会を開催した。大会では、参加者が直面している諸問題などについて情報交換を行い、相互の交流を促進することを目指す。

第71回佐賀県視覚障害者福祉大会

開催日  令和5年9月3日(日)

場所  メートプラザ佐賀 多目的ホール他

   ユーチューブ動画 後日配信

内容 

第一部   式典      

第二部   議事  令和5年度運動方針の説明及び承認  

宣言及び決議の採択

第三部   吹奏楽演奏

出演者  学校法人佐賀龍谷学園 龍谷高等学校 吹奏楽部

参加者 148名

2.奉仕活動(マッサージ)事業 

新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止

3.福祉機器展開催事業 

視覚障害者の日常生活や学習、就労を支援する様々な福祉機器等に実際に触れたり、利用法などの説明を受ける場を提供することで、視覚障害者の生活の質の向上を図ることを目的に福祉機器展を開催した。

第27回佐賀県視覚障害者福祉機器展

開催日  令和5年12月17日(日)

場所 佐賀県立視覚障害者情報・交流センター あい さが 及び 

佐賀ライトハウス六星館

内容

視覚障害者用機器の展示、体験他

出展企業など 13社  

来場者数 93名

4.視覚障害者生活行動訓練等事業(県からの委託事業)

視覚障害者が生活する上で必要な技術を習得するための行動訓練および研

修会等を実施しました。

(1)落語鑑賞

日時:令和6年3月3日(日)

場所:佐賀県立視覚障害者情報・交流センター あい さが

講師:佐賀大学落語研究会OB会 笑菱会

        受講者22名

(2)女性部研修

女性部が企画し、県内の視覚障害者の女性を対象として実施しました。

新茶の美味しい淹れ方とおもてなし  

日時:令和5年5月14日(日)

講師:松田お茶屋店主  松田 賢二 氏 

        受講者10名

手作りオルゴールを作ろう!

日時:令和5年7月16日・17(日・月祝)

講師:諸石製作所  諸石 和也 氏

        受講者15名

ミシンを使って簡単な小物を作ろう!

日時:令和5年9月17日(日)

講師:佐賀県立盲学校教諭  井脇 加奈子 氏

        受講者18名

チャチャっと作れる簡単おつまみ

日時:令和5年11月12日(日)

講師:元佐賀県立盲学校栄養士  久間 はるみ 氏  

受講者19名 

身近な危険から身を守ろう~とっさの時の対処法

日時:令和6年1月14日(日)

講師:佐賀県防災士  溝上 良雄 氏

受講者13名 

嘉瀬川ダム周辺散策と道の駅「しゃくなげの里」に出かけよう!

日時:令和6年2月25日(日)

受講者11名

(3)青年部研修

      青年部が企画し、県内の視覚障害者を対象としてICT機器の操作等の講習を実施しました。

        ICT教室   

日時:令和5年6月4日(日)

8月20日(日)

10月8日(日)

令和6年2月4日(日)

講師:佐賀県立盲学校教諭  青山 修二 氏

同     空地 信藏 氏

佐賀ライトハウス六星館職員  城島 美幸 氏

内容:実務・情報収集・コミュニケーション・趣味など

におけるICT機器の操作等

受講者 のべ18名

軽スポーツ教室

日時:令和6年1月14日(日)  

講師:佐賀県障害者フライングディスク協会

  内容:フライングディスク

  受講者9名

(4)道路環境調査

     日常生活の気になる場所を役員がガイドヘルパーと共に点検し、

    その情報を会員へ発信。

実施日  令和5年12月10日  

場所   佐賀駅周辺

参加者  12名

5.中途視覚障害者緊急生活行動訓練等事業(県からの委託事業)

人生の中途で視覚を失うことのダメージは計り知れないものが有ります。それらの障害を克服するための心のケアと日常生活に必要な技術を身につけ、健全な社会生活を営むことができるように必要な助言、指導、情報提供ならびに日常生活訓練や講習会などを実施しております。

(1)歩行訓練

中途視覚障害者および視力低下をきたしている県内視覚障害者の希望者に対して歩行訓練、コミュニケーション訓練、ADL訓練を実施しました。

   年間293回  

講師:歩行訓練士  南 奈々 氏  

受講者 :のべ293名  

(2)点字講習

視覚障害者にとっての読み書きの主な手段は点字です。しかし、その技術を習得するのはかなり困難で丁寧で、きめ細やかな指導と訓練が必要であるため、点字講習会を開催しました。

年間7回  

講師:佐賀県立盲学校講師  草野 洋二 氏  

受講者 :のべ47名  

6.盲ろう者向け通訳・介助員養成事業(県からの委託事業)

(1)盲ろう者向け通訳・介助員養成事業

盲ろう者とのコミュニケーションには、高度で専門的な技術が必要で

あり、通訳・介助員の数はまだまだ不足しております。また、盲ろう者

向け通訳・介助員の資格を得るためには、佐賀県知事が行う研修の受講

が必要です。盲ろう者の利便性を図るため、本会で佐賀県知事が行う研

修を受託し、盲ろう者向け通訳・介助員を育成し増員を図りました。

受託内容に従い、次の内容で研修を行いました。

科目概要:

  • 身体障害者福祉の概要
  • 盲ろう者へのかかわり方
  • 手話・触手話・点字についての方法および実技             

講師:国立リハビリテーション学院修了者

点字技能士

全日本ろうあ連盟手話指導者他

対象者:盲ろう者の福祉に理解と熱意のある佐賀県内の一般の方で、手話・点字・音訳・要約筆記・介助員等に従事している方、又は視覚障害者あるいは盲ろう者へのボランティア活動をしている方

養成講座  年8回  受講者:のべ99名

1回目  講師  佐賀盲ろう者友の会 津村 一美 氏、古田 悦子 氏

(国立リハビリテーション学院盲ろう者向け通訳介助員養成研修修了者)

講義内容  通訳介助者の心構え、盲ろう者について、

盲ろう福祉入門・概論、通訳・介助者体験談および疑似体験 

2回目  講師  視覚障害者生活訓練等指導員・歩行訓練士 南 奈々 氏

    講義内容  通訳介助の実践演習①

3回目  講師  長崎盲ろう者友の会 会長 古川 幸枝 氏、

元佐賀県立ろう学校教諭 平江 潔 氏

     講義内容  盲ろう者の生の声を聞く① 日常生活について、

ろう学校の現状および教育について

4回目  講師  視覚障害者生活訓練等指導員・歩行訓練士 南 奈々 氏

講義内容  通訳介助の実戦演習②

5回目  講師  手話指導者  平川信吾 氏、

鹿児島盲ろう者友の会 会長 林 美喜子 氏

    講義内容  手話の基礎学習①、

盲ろう者の生の声を聞く② 日常生活について

6回目  講師  点字技能士 竹田 壽和 氏

講義内容  点字の基礎学習

7回目  講師  佐賀県立盲学校教諭 空地 信藏 氏、

手話指導者  平川 信吾 氏

    講義内容  盲学校の現状および教育について、

手話の基礎学習②

8回目  講師  佐賀県盲ろう者友の会 藤澤 恵子 氏、龍 正人 氏

(国立リハビリテーション学院盲ろう者向け通訳介助員養成研修修了者)

      講義内容  盲ろう者とのコミュニケーション演習、

盲ろう者通訳技術の基本

(2)盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会指導者養成研修会

当該講習会の講師養成の為、厚労省が実施する「盲ろう者向け通訳・

   介助員養成講習会指導者養成研修会」が開催されました。(年1回)

日時 令和5年11月11日、18日、12月2日、12月23日(計4日間)

場所  オンライン開催  

受講者 なし

(3)スキルアップ研修(年1回)

日時  令和5年11月26日(日)

場所  佐賀県視覚障害者情報・交流センター あい さが   

講師  東京都盲ろう者支援センター  センター長 前田 晃秀 氏

受講者 21名

7.盲ろう者向け通訳・介助員派遣事業(県からの委託事業)

「盲」と「ろう」の重複障害者のコミュニケーションを支援して社会参加を推進するため、盲ろう者向け通訳・介助員の派遣手続きの支援を行いました。

対象者  佐賀県内盲ろう者

利用回数  全日派遣50回、半日派遣94回

利用内容(支援内容)   

買い物等の日常の用事の同行

会話及び相談の通訳

病院などの手続きの支援・医療受診における通訳

役所の手続きの支援

各種行事に際しての参加同行

代筆及び読み書き等

8.あはき研修会実施事業

県内の視覚障害者のあはき業(あん摩マッサージ指圧、鍼、灸業)関

係者を対象に、知識・技術の向上を目的とした研修会を行った。

日程:令和5年8月6日(日)

場所:佐賀県立視覚障害者情報・交流センター あい さが

9.音声版製作事業

視覚障害者の中には点字の読めない人も多いため、佐賀県内の市や町が発

行する広報類を市や町の委託を受けてCDに録音して、委託者の市や町に居

住する視覚障害者の希望者に配布しました。

  委託者

佐賀市:市報さが さが市議会だより他  各種お知らせ等

鳥栖市:市報とす 

       神埼市:市報かんざき

       佐賀県:佐賀県県議会議員選挙候補者名簿、

さがさいこうフェス案内等

10.日用品販売事業

視覚障害者の利便性のために日用品の購入及び手続きの支援を行いました。視覚障害者は日用品の買い物にも不便な人が多いので、日常必要な盲人用具や点字用紙等の一括購入を行い、希望者に販売することにより視覚障害者の日常の利便性を図りました。

11.各種大会への参加

(1)第76回全国盲人福祉大会

日時  令和5年5月21日・22日(日・月)

場所  奈良県

参加者 6名

(2)第77回九州盲人福祉大会

日時  令和6年2月18日(日)・19日(月)

場所  福岡市 

参加者 10名

12.県内各地域での交流会等事業    

    県内各地域、特に活動母体の無い地域や実質的に活動ができていない

地域に居住する当事者などの意見や思いを聴く場を設け、実態を把握す

ると共に支援をしていくことで、会員増加と活動の活性化を図った。

また、関係機関と協力しながら講演会や研修などを実施することで、

連携強化と支援者と当事者相互の本当の意味での理解促進を図った。

鳥栖市視覚協

会員との懇談会 7月2日(日)

市役所及び関係機関との懇談会 11月19日(日)

13.各種会議

(1)総会   通常総会   令和5年6月11日(日)

令和6年3月24日(日)

臨時総会  令和5年12月10日(日)

(2)理事会  通常理事会 令和5年5月28日(日)

                  令和6年3月10日(日)

            臨時理事会 令和5年11月26日(日)

(3)監査  令和5年5月17日(水)

(4)九盲連理事会 令和5年7月1・2日(土・日)

令和6年2月18・19日(日・月)